pbx0001.jpg

クラウドPBXとは?

従来のビジネスホンは交換設備(主装置)を設置し、そこから各デスクまで配線工事を行い電話機を設置して使用しておりました。クラウドPBXでは、この交換機をネット上のサーバーを利用することにより、交換機をオフィス内に設置することなくビジネスホン環境を提供するサービスとなっております。

クラウドPBX 何が便利?

​交換機をインターネットサーバー上に置くことで、専用の端末やスマートフォン、パソコンのソフトフォンなどでビジネスホンと同様の通信環境を構築することができます。各電話機はインターネットを経由して接続されますので、オフィスにいても外にいてもどこにいても同じ通信環境が提供されます。会社の回線で電話を受ける・かける・保留をとる・内線通話する。というビジネスフォンの使い方が、ネットの通信環境があればどこにいてもできるのがクラウドPBXなのです。

テレワークや出張先でも、オフィスにいるのと同じ通信環境となります。もちろんどこにいても内線通話は無料です。

クラウドPBX は用途に応じて端末を選べる。

GRP2604.jpg

【固定式電話機】
従来のビジネスホンと同様に使用出来ます。LANケーブルを接続して使用します。
オフィスの模様替えなどによる、電話工事に関わる費用が節約出来ます。
席替えをしても、自分の電話機を持って行って接続すればすぐに使えます。
クラウドPBXならではの使い方では、テレワークなどで自宅のネット回線に接続してもオフィス同様に使えます。また、少しの間、東京の本社から札幌の支店に出張する時なども、そのまま電話機を持って行けば内線番号も変わらずに使えてしまいます。

固定式の電話機は、比較的電話を使用する頻度の高い主に事務職の方に最適であるかと思います。

commobile.gif

【スマートフォン】
こちらもクラウドPBXならではの使い方です。
スマートフォンに専用アプリをインストールすることで、スマートフォンがビジネスホンに早変わり。外にいても、会社の回線から電話をかけることも受けることもできます。もちろん内線通話も可能です。オフィスにかかってきた保留されている電話も、外出先などで受けることもできます。

​外での勤務の多い方にはスマートフォンでの利用がお勧めです。

2021-10-30.png

【パソコンのソフトフォン】
こちらもクラウドPBXならではの使い方です。
お使いのパソコンに専用アプリをインストールすることで、パソコンがビジネスホンに。特に通話の多いお仕事の方は、Bluetoothのヘッドフォンを付けて業務ができますので効率も上がります。デスク上に電話機がなくなりますのでデスクの上もすっきりとすることでしょう。機器が必要ありませんので、導入コストも最小限で済みます。
 

クラウドPBX で拠点をひとつのシステムに統合

​ひとつのクラウドPBXに複数の拠点を統合することができます。東京・仙台・札幌などの拠点の電話回線をクラウドPBXに統合することで、他拠点の保留外線を回したりすることも可能です。もちろん内線通話は無料です。内線端末毎に、発信する電話番号を設定出来ますので、東京の社員は東京の回線から発信など細かな設定ができます。部署や支店を移動した際も、システム設定だけで対応できますのでとても便利です。一つの契約で拠点を統合できますので、各拠点それぞれにビジネスホンを導入するよりも大幅にコストダウンが出来ます。

クラウドPBX はIVRや通話録音にも対応

クラウドPBXはIVR(自動音声応答)や通話の録音にもオプション対応。最初に音声応答することで、かかってきた電話を担当部署に振り分けることができ、業務の省力化や顧客サービスの向上に役立ちます。
その他、留守電にメッセージが入った場合、メールにメッセージを添付送信する機能などクラウドPBXならではの機能がいっぱいです。

エクシトひかり電話とセットで安心して導入出来ます

エクシトでは、NTT東日本のひかりクラウドPBXとナイセンクラウドのクラウドPBXをお薦めしております。
事業の規模や用途に応じて最適なクラウドPBX環境を設計・導入のご提案をいたしております。また、端末のレンタルを利用していただくことでイニシャルコストの節約。システム運用の管理・保守まで一貫してサービスを提供出来ますので、導入後も安心してご利用いただけます。エクシトひかり電話とクラウドPBXを組み合わせて使用することにより、万が一のシステムダウン時にもエクシトひかり電話だけで運用出来るようリスク対策を行うこともできます。クラウドPBX導入の際には、ぜひ、エクシトひかり電話とセットで
ご利用ください。

クラウドPBXでの実際の着信例

クラウドPBXでの着信は、従来のビジネスホンと違い多くの外線キーを使用しません。複数の番号を使用している企業様の場合、着信時にどの番号への着信かを表示することで、どの番号からかかってきた電話なのかがわかるようになっております。保留時には、パーク保留という大きな交換機などで使用されている方法がとられており、保留時に保留番号が割り振られ、その保留番号の保留を選択して保留回線を受けることができます。

smartphone002.gif
smartphone001.gif
tel001.gif
tel002.gif

スマホの着信画面と据え置き型電話機の着信画面

導入費用・利用料金

クラウドPBXはクラウドPBX提供事業者様との直接の契約となります。
契約前の利用環境事前調査および機器設置工事、設定工事などは当社にて行いますので安心して導入頂けます。
各事業者の標準導入コストは以下の通りとなります。具体的な費用は導入環境にもよります。御見積をいたしますのでお問い合わせください。

NTT東日本様 ひかりクラウドPBX

初期費用

135,000円~

※新設工事費およびゲートウェイ機器購入代金等を含む概算の目安である初期費用

月額利用料

10ユーザー利用の10IDパック

11,000円~

※このほかに固定IPプロバイダなどお客様の環境により別途費用がかかります。

アイティーオール様 ナイセンクラウド

初期費用

35,000円~

※新設工事費等を含む概算の目安である初期費用

月額利用料

5ユーザーの利用で

11,000円~

※追加1ユーザー毎に1,100円の利用料がかかります。またお客様の環境により別途費用がかかります。

安心管理パック

安心管理パック

拠点管理費

1拠点 450円

端末管理費

1端末 100円

クラウドPBXを導入後、ユーザー管理や設定変更などを当社で管理メンテナンスを行っております。電話交換機の設定などは専門的知識が必要となります。安心して運用するためにメンテナンスと併せて是非ご契約ください。

端末レンタル

端末や各機器のレンタルも行っております。導入費用を抑えてクラウドPBXを導入頂けます。一時的な増員などの際に是非ご利用ください。

固定式電話機レンタル料

450円~/月

PoEハブレンタル料

300円~/月

導入までの流れ

エクシト東日本にお申し込み

お客様設備を現地調査

お客様の設備がクラウドPBX導入に適しているかどうかを確認致します。また、実際のデモ機を設置して通信試験を行います。

クラウドPBX事業者に申し込み

当社にて現地調査を行った情報を基に、クラウドPBX提供事業者に申し込み致します。

お客様の通信環境の改修等が必要な場合、申込後に改修工事などを行います。

クラウドPBX開通工事

クラウドPBX事業者の工事が終わり開通案内が届き機器が揃いましたら設置及び設定工事を行います。

デモンストレーションも行っております

実際にデモ機を持参してのデモンストレーションを行っております。

導入ご検討の際には、是非一度ご覧になっていただければと思っております。お気軽にお問い合わせください。